お客様の声 美容室ぐらっしー H様邸お客様の声 美容室ぐらっしー H様邸

美容室ぐらっしー

久留米市 H様邸

元々同じ職場で働いていた美容師のご夫婦。自宅兼美容室で家庭と仕事を両立する奥様と、家族想いの優しいご主人に話を聞きました。

お客様の声02 アイコン

お客様の声H様邸 写真01
お客様の声H様邸 写真01 スマホ
お客様の声H様邸 写真02 スマホ

美容室ぐらっしー

久留米市 H様邸

元々同じ職場で働いていた美容師のご夫婦。自宅兼美容室で家庭と仕事を両立する奥様と、家族想いの優しいご主人に話を聞きました。

お客様の声02 アイコン

迷ったらプロの意見を聞くべし。

クエスチョン

元々、同じ美容室で働いていたということですが、ご自宅兼美容室を建築されたきっかけは?

クエスチョン

ちょうど上の子がお腹にいた時に、家のことを考え始めました。この子が成長して、幼稚園や小学校に行き出したら、家で送り迎えしてあげたいな、と思ったのが自宅で美容室をやろうと思ったきっかけです。

クエスチョン

お店をするとなると、土地探しにもご苦労されたのではないでしょうか。

クエスチョン

そうですね。普通の家とは違って、お店の場合は来店のしやすさや周辺の環境もあるので、本当に色々な土地を見に行きました。
GLASSYさんも、色々と土地を探して下さったり、実際に土地を見に行くのにも随分付き合って頂きました。

お客様の声H様抵 写真03

お客様の声H様抵 写真04

クエスチョン

色々なハウスメーカーを見学されたそうですね。

クエスチョン

はい、住宅展示場をいくつか廻って、モデルハウスを見学しました。
でも最終的にGLASSYさんにお任せしたいと思って、お願いすることにしたんです。

クエスチョン

GLASSYに任せようと思った理由は?

クエスチョン

GLASSYさんは、本当に細かいところまで話を聞いてくれて、私たちの我が儘にも付き合ってくれたんです。

うちは住宅兼店舗なので、出来るだけお店を広く作りたくて敷地いっぱいに建物を建てたかったのですが、すぐ南側にお隣の家があるのでリビングが暗くなってしまうのです。
そこで2階にリビングを作るか、それともリビングを吹き抜けにするかと悩んだのですが、その度にGLASSYさんが図面を作り直して下さって、とても助かりました。

最後は、GLASSYさんから「吹き抜けは後からは作れないけど、後から部屋にすることは出来る。」という言葉が決めてになって、今の間取りになりました。
GLASSYさんは、意見を押しつけることがなくて、聞いてくれることの方が多い方です。
だから、ちょっと難しいかな、と思うことでも取り敢えず言ってみると、親身になって聞いてくれて色々な解決策を考えてくれるが助かりました。

お客様の声H様邸 写真05

お客様の声H様邸 写真06

お客様の声H様邸 写真07

お客様の声H様邸 写真08

お客様の声H様邸 写真09

クエスチョン

他にこだわったポイントは?

クエスチョン

リビングを見下ろせる2階のホールですね。
通常の廊下よりも広くしているので、子供が大きくなったらカウンターを置いて、勉強スペースにしようと考えています。

あと、ホールの“柵”については随分悩みました。
通常は壁にするそうですが、明るさや勉強している子供の雰囲気が感じられるように柵にしたくて。
でも、金属製にするかガラス製にするか、それとも木にするかなど、とても悩んでしまいました。
GLASSYさんが、たくさんの写真を見せてくれたので、それを見てイメージを決めました。

お客様の声H様邸 写真10

クエスチョン

お店のイメージはあったのですか。

クエスチョン

だいたいの大きさやインテリアの雰囲気はありました。
でも、設計段階ではまだ鏡やシャンプー台などが決まっていなかったので、GLASSYさんを随分悩ませてしまいました。(笑)

でも、色々なメーカーの寸法を調べて図面を作ってくれたので、実際の器具を入れた時にもぴったり納まって、本当に感謝しています。
他にも、お店から自宅側に髪の毛が入らないように段差を設けたり、コンクリートの上に直接床を張ると、後で手が加えられないので床下を作ってくれたり、色々と提案してくれて助かりました。

お客様の声H様抵 写真11

お客様の声H様抵 写真12

クエスチョン

これから家づくりを考えている人へアドバイスはありますか?

クエスチョン

迷ったらプロの意見を聞くべし、ですかね(笑)。
こちらは素人なので、少ない知識で色々と悩むのですが、GLASSYさんに聞いてみたらすぐに解決してしまったこともたくさんありました。

お客様の声H様邸 写真13

設計士のひとり言・・・設計士のひとり言・・・。

南側に隣家があり、光と風の設計に苦労しました。
最終的には、吹き抜けを大きく設けることで採光を確保し、吹き抜け部分のサッシは電動式にすることで、家全体の風通しを良くすることが出来ました。

お客様の声

pagetop